MENU

着物のお手入れはどうしたらいい?保管の方法も知りたい。

着物のお手入れはどうしたらいい?保管の方法も知りたい。

 

着物のお手入れをする場合、まず脱いだらすぐに畳んだり洗濯をするのではなく着物ハンガーにかけて風通しの良い日陰に干すようにします。
ただし長時間干していると型崩れの原因になってしまうので、およそ1時間前後で長くても一晩程度に留めておくことが望ましいとされています。
こうすることで湿気を除去することができるのでカビ発生予防をすることができるので、帯に関しても同じように着物ハンガーにかけて日陰に干すことがおすすめされています。
その時に扇風機を全体に当てるようにかけておくと埃が取れやすくなるので、室内で利用する場合には活用するというのも一つの手です。

 

そうして湿気を除去した後は着物や帯全体をチェックしてシミ・シワや汚れがないかどうかを確認し、目立つものがあれば汗などであれば霧吹きをかけてからタオルで軽く叩くというお手入れ方法がありますし埃程度であればブラシをかけるだけで簡単に自分たちでお手入れすることができます。
自分たちで対処できないものの場合はクリーニングを早めに利用するということも大切です。

 

そして着物の保管方法に関しては正しく畳んだ物を1枚づつ和服用のたとう紙に包んでから、湿気を防ぐために桐のタンスや衣裳箱などに収納します。
この時タンスや衣裳箱の底に白木綿を敷いておけば、複数の着物も保管しやすくなっています。

 

ただしそのまま長期間保管しておくと虫がついてしまう事もあるので、2年から3年間隔で風通しの良い所で陰干しすることもおすすめです。また虫に食べられてしまったものは一緒に保管しておくとほかに被害が出るので、早期に捨てるという選択も重要になっています。