MENU

黄八丈の着物ってどれぐらいで売れる?捨てるのはもったいなかった。

黄八丈の着物ってどれぐらいで売れる?捨てるのはもったいなかった。

 

黄八丈の着物は八丈島の絹織物であり、日本の伝統工芸品としても定められています。
その歴史は古く、江戸時代には将軍家の御用品としても献上されていたほどです。
八丈島に自生していた草木を染料として染め上げられた着物であり、絹糸を黄色や黒色、鳶色に染められた後に縞模様や格子模様に織って仕立てられています。

 

非常に貴重な黄八丈の着物は、買取でも非常に人気があるアイテムです。
しかし、状態によっては査定額は左右されるものであり、絹着物は着なくても年に一度は風を通すなどのまめな手入れが必要になるので、せっかくの良いものも手入れを怠ってしまえば捨てるような状態にもなってしまいます。

 

もしもカビがはえてしまったり日焼けをしてしまった、虫食いがあるなどの状態があまり良くない黄八丈を捨てるかどうか迷っているのなら、査定だけでも受けてみるといいでしょう。
査定は無料で行われているサービスなので、本当に売ることができるのかどうか、いくらで買取をしてもらえるのかを知ることができます。

 

コレクターの中には、状態が悪くても古いものはもう数が少ないことから欲しいという人もいるものです。
ダメージがあっても修正可能なケースもあり、思っていた以上の高い査定額が付く可能性もあります。
買取が可能となった場合には、そこで喜んですぐに取引を行わず、より高く買い取ってもらうためにも複数の店舗に査定に出してみるというのも賢い方法です。
ただし、査定額は流行にも左右されるので、査定額を保証してもらえる期間を聞いておくといいでしょう。